piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

「わたしの幸せな結婚」

これはラノベとコミカライズ両方出てるし、まだ続刊中 最初はマンガから入る。はい、ウェブ広告で。。。 なので、マンガの絵のイメージが強く、小説の方が原案なのに読めないでいる。 ストーリーは・・・ 願うのは、ほんのわずかな“幸せ”…。異能の家系に生ま…

「鍵屋甘味処改」シリーズ

読みやすく、シリーズによってはわりとハマる「集英社 オレンジ文庫」は2015年から創刊したライト文芸レーベル。 orangebunko.shueisha.co.jp 同じく集英社のコバルト文庫から派生したものらしい。コバルトが最近ファンタジー要素と歴史系が強めで、オレンジ…

和束町のお茶

和束町と聞くと反応してしまう! しかも「和束町の抹茶」と! アイスクリームのパルムの旨み抹茶。 普段アイスクリームなんてほぼ食べないのに。 これは美味しいと聞いて。。 あちこち探し回って、職場のすぐそばのコンビニにしか売ってなかった。。。レア?…

「なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか」

最近読書ブログになりつつある、私のはてな。マンガから新書から何から何までいろいろと(苦笑) 「なぜ日本のフランスパンは世界一になったか」阿古真理さんの本。 これは、西洋のパンと日本人の歴史について掘り下げている。日本人がパン好きになったのは…

「がん哲学外来へようこそ」

これまでの読書傾向とはちょっと傾きの違う本。 知人のお店で、がん患者とその家族のための「がん哲学外来」をしていると聞いていて、「それは何ぞや?」と思ったことから、がん哲学外来を始められた方の著書があると知り、読むに至った本。

「茶の本」the book of tea

岡倉天心の「the book of tea」は、1906年(明治39年)にアメリカで出版された、茶の歴史や文化を西洋に伝えるために英語で書かれた本であった。 ドイツ語やスペイン語など、世界の言葉で翻訳され、日本では「茶の本」として、訳本が出版されるようになった…

灘温泉へ。

家で過ごし疲れたころに、、、近場の温泉「灘温泉」へ 神戸にある源泉かけ流しのお風呂屋さんで、JR六甲道駅の近くにある。 場所柄、地元の方以外にも六甲山へのハイカーも利用するところでもある。 www.nadaonsen.jp 加熱していない源泉のお風呂は4人ぐらい…

「突然ですが~」シリーズスピンオフ

「突然ですが、明日結婚します」スピンオフコミックス ハマると恐ろしく、全種類揃えたくなってしまう これは連載中に発刊された1冊「突然ですが、今日攫いにいきます」 本編コミックスの背景が赤に対して、真っ白だと新鮮! これは、最初と最後は、あすかと…

「デキる猫は今日も憂鬱」

大きめの猫を飼っているOLさん・・ 大きめってどれぐらい・・・?? って、ええ!?という猫、諭吉と飼い主?のサクとの暮らし。 あらすじ(pixivより) 「キミがいてビールがあれば、 それだけで幸せ」大きめの猫を飼ってるOLさんの話。都会の荒波に揉まれ…

「突然ですが、明日結婚します」

ヲタ恋に引き続き、、 最近一気読みしたのが、「突然ですが、明日結婚します」 こちらはすでに完結していて、過去にドラマ化もされていて、コミックス全9巻出ているし、古本屋さんでも見かけるので、今更感ありまくりだけども・・・ あらすじ(公式サイトよ…

菊屋のヘンプマスク

いま、マスク着用で出掛ける人が多いし、一時期使い捨てマスクが売ってなかったこともあり、布製マスクを着用している人も珍しくなくなっている。 手作りマスクが流行って、ダブルガーゼ生地とか細いゴム紐が店頭から消えたこともあるし、布製マスクさえ手に…

ありがとう「ルーブル書店」

またひとつ、まちの本屋さんが閉店 谷町9丁目・大阪上本町にある「ルーブル書店」さんが、約40年の歴史に幕を閉じる。

素敵な贈り物

お題「#おうち時間」 手刺繍とプラパンアクセサリー作家のmoonもーんさんのプレゼント企画に当選◎ カワイイ箱

ヲタクに恋は難しい・・・略して「ヲタ恋」

久々にドハマリした「ヲタクに恋は難しい」 すでにドハマリしている人が世の中に大勢いて、すでに深夜枠のアニメや実写映画化もされているので、今更といえば今更だし、もしかしたらもう飽きたという人もいるかもしれないが。 もともとpixivの投稿マンガから…

花をかざろう

お題「#おうち時間」 本の投稿ばっかりだったから、ちょっと気分を変えて。。。 我が家の玄関は照明の加減で下駄箱の上に飾りを置いても映えないので、日の当たるリビングダイニングにちょっとしたものを飾れる場所を作っている。 ただ家具を置いているだけ…

【両方文庫化!】週末、森で&きみの隣で

お題「#おうち時間」 このところ、出かけることが少なく、本の紹介が続く。 これは昨日本屋さんが文庫をみて「書きたい」と思ったので書く。 益田ミリさんの本が好きだ。 有名なすーちゃんシリーズも好きだし、エッセイもいくつか持っている。 益田ミリさん…

もしも、「7日間ブックカバーチャレンジ」に参加するなら

お題「#おうち時間」 15年ぐらい前にmixiとかblogの中で流行ったチェーンメール的な「バトン」 同じテーマで何かを紹介したり、記事を書いたりする。 最後に「誰か」を指名する、というもの。 この指名が、なかなかの曲者だと思うけれど、結構気軽に回せる人…

本の虫「虫かぶり姫」

お題「#おうち時間」 ※5/12UP→5/13追記 pixivやネットコミックサイトでも連載されているので、時折広告で見る方も多いと思うこのマンガ。絵が細かいというか美しいインパクトのある作画なので、おそらく、見知っている人は多いかもしれない。 (pixiv作品紹…

建築家の講義 ル・コルビジェ

お題「#おうち時間」 最近、家にいる時間が長くなり、図書館から本も借りれない状態なので、放置していた本を読み返すことにした。 大阪の靭公園の近くにある、柳々堂(りゅうりゅうどう)という書店は、一見するとどこにでもあるまちの本屋さんなのだが、実…

自由が丘スイーツ物語

お題「#おうち時間」 図書館から本を借りれず、ついにウェブコミックの会員になってしまった今日この頃。。。図書館から借りている本も読み終わる頃になってきている。 さて、ライターであり、生活史研究家でもある安古真里さんの著者は、食や女性、生活や歴…

夕霧太夫行列2020

4月5日に、夕霧太夫にゆかりあるお寺、浄國寺で夕霧太夫行列が行われた。 来年はお茶席とか人形劇があるなど楽しい催し物があるのだけれど、今年は、新型コロナウイルスの影響で、行列のみ、お寺の中も関係者以外立ち入り禁止という、厳格なもの。

野菜の宅配

八百屋さんが野菜の行商にやってきた(もともと友人!) ごぼうとクレソンと間引き菜を

暇の合間に「新聞バッグ」

片付けをしていたら、ほったらかしにしていた、飛行機でもらった外国の新聞紙。 処分するにはもったいなく、久しぶりに新聞バッグを作ることにした。 大小多種多様大量にできあがる。。。さて、どうしよう? ※タイ語の新聞紙 改めて日本の新聞紙って丈夫だわ…

薬屋のひとりごと

いーっつも、漫画の広告に出てきていた「薬屋のひとりごと」マンガバージョンのお試しを一話だけ読んでみたところ、続きが気になる!! と思っていたら、原作はコミックではなく、ライトノベルであることを知る。 偶然にもライトノベルが地元の図書館で貸し…

手作り森の宿いろり~な

日ごろ仲良くしている友人と、気づけば10年のお付き合い。せっかくなので、楽しい記念の行事をしたくて、当初は海外旅行に行く予定をしていたけれど、今年は、新型コロナウイルスの影響で、なかなか行きづらい状況になってきた。 遠出はできないけれど、気分…

ありがとう芦原橋アップマーケット

久々で、そして最後となる芦原橋アップマーケットへ 芦原橋アップマーケットは、JR環状線芦原橋駅そばの駐車場で行われていたマーケットで、開催当初から出店者のクオリティの高さから人気のあったイベント。 2020年3月をもって終了することになった。(以下…

お茶の会にむけて

”ゆるい茶会”の準備も兼ねて・・・ 出かけにくい環境の中で、ついつい買い物をしてしまう今日この頃 わけありでちょっぴりお買い得なものは特に・・・ 作家物の器などを扱うお店で買った一輪挿しは訳アリ品 そして骨董の企画で買ったものは、抹茶茶碗にした…

生國魂神社行宮(御旅所)

中央大通りと松屋町筋が交差するところの少し北西に鎮座される「生國魂神社行宮(御旅所)」 オフィス街のど真ん中に鎮座している神社 元々は別のところにあったそうだが、戦災にあい、当時の氏子総代だった方が私財&私有地を提供して、この場所に来ること…

詩羽のいるまち。

本は、読みたいと思った本のタイトルをスマホのメモに入れておき、時間があるときに図書館にないか調べる→予約する→そのうち受け取れる、という図式でだいたいルーティーンしている。 すると、その時その本が人気かどうかによって、結構タイムラグがあり、時…

ソルトバレイもちつき

芦原橋駅近くのビル「ソルトバレイ」は、いろんなイベントが行われているのだが、この3月末でビルは新しいオーナーの手に渡るので、ソルトバレイとしての活動はこの3月末までだそう。 そんな折、1月に知人が関わっているおもちつきに参加してきたのでご紹介 …