読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

えべっさんの福小判

つぶやき

1月9・10・11日は「十日戎」通称「えべっさん

大阪を中心に各所の戎神社で行われている

 

大阪の人の多くは今宮戎に行かれる

ここ数年は不景気のせいか大勢の来場者があるとか!

かわいい福娘さんも多いしww

www.imamiya-ebisu.jp

 

そんな今宮戎福小判をいただく!

f:id:piyokoworks:20170111162918j:plain

 

財布に入れていると1年間お金に困らないそう

キンキラで分かりづらいけど、よーくみるとえべっさんの顔が♪

f:id:piyokoworks:20170111162921j:plain

 

財布に入れて、お金に困りませんよう・・・(ほんと、困りたくないw)

f:id:piyokoworks:20170114193841j:image

氏神様にお詣り

まちかど

元旦に行ったものの人が並びすぎて

遠目にお詣りした氏神様への初詣

 

並びすぎてる図

f:id:piyokoworks:20170110085517j:image

f:id:piyokoworks:20170110085529j:image

寒いのにエライ~と思ってしまう

 

さて、改めまして

f:id:piyokoworks:20170110085554j:image

折しもこの日は成人の日、というとこで成人の日祈祷もされてますが、

人は普段よりちょっと多いかな~~程度

 

結婚式の際にお世話になった方にもご挨拶できた

 

久々におみくじしたら「凶」
f:id:piyokoworks:20170110085653j:image

ゆっくりぼちぼち焦らず波に乗るのがよさそうな2017年

2017年ことはじめ

つぶやき 日記・備忘録

2017年になりました

今年もぼちぼち書いていきますのでよろしくお願いします

 

食いしん坊万歳!

食べること関係はこちらで更新していきます

(食べてばっかりなのにネタがないという)

 

親せき回りであっという間に終わった年末年始

仕事帰りにカルディでコーヒーの試飲を飲んで物色して何も買わず帰る日々再開

色々あったはずなのに忘れる前に書かねば

 

===================

 

お年始の茶道の稽古

 

お軸は「福寿」

香炉はとり

花は万両

(南天、千両、万両の違いがわからない、、、)
f:id:piyokoworks:20170108140021j:image

 

お菓子は花びらもち

裏千家の新年のお茶会でのみ食べられるとされている)

f:id:piyokoworks:20170108140244j:image

 

お茶碗は干支茶碗の酉

f:id:piyokoworks:20170108140315j:image

 

今年もぼちぼちお稽古楽しむかな

 

2016年の初体験

たび モノヅクリ 日記・備忘録 空堀

2016年の初体験。

今年は、はじめて写真展示をした

piyokoworks.hatenablog.com

 

テーマはカンボジア

f:id:piyokoworks:20161209103202j:plain

 

わたしはカンボジアでボランティアでもなく、旅人でもなく、誰かの卒論、修論のためや学会発表のための調査で行ってきた

調査は、カンボジアの首都プノンペンの中でも比較的貧困な方が暮らすエリアでのカンボジア人の暮らしや住まいについて

旅をするだけでは通りすぎてしまうエリア

 

それと、

建築実務に携わってきたわたしの目線が加わって

撮りためられた写真から選ぶ

 

最初の展示はカフェの壁面にて

前から仲良くさせてもらってる気心の知れたお店での展示

カフェのフォトフレームを借りて飾る

素人同士があれこれいいながらふんわりまぁるい展示

 

カフェのスタッフさんより「しろうとカメラ女子」の称号を(笑)

 

f:id:piyokoworks:20161209103222j:plain

f:id:piyokoworks:20161209103243j:plain

f:id:piyokoworks:20161209103239j:plain

 

よく頂いていた米粉グルテンフリーワッフル

もっちりしていて美味しい

f:id:piyokoworks:20161209105049j:plain

アイスのせは特別なときだけ。。。

ワッフルメーカー欲しくなった

 

 

引き続き、ご縁があって

社会人なりたての頃によく会っていた設計事務所時代の所長の友人である

元グラフィックデザイナーがやっているお店の「アートカフェ」という企画の中で

他の作家さん(こちらはバリバリの方)と一緒に壁面をお借りして

企画のあともしばらく展示させてもらえた

 

当初は最初に展示していたカフェと同じスタイルで、と思っていたところだが、

が、釘打ちができない壁ということが分かる

 

色々悩んだ結果、100均で見かけた紙のフォトフレームのことを思い出し、あわてて購入(ギリギリ間に合った!)

f:id:piyokoworks:20161209103625j:plain企画前日の夜9時ごろ

お店のお客さんがほぼいない時間帯にお邪魔して、

写真をあれこれ並べ、テーマを絞る

 

結局、ほぼマスターにお任せ

こちらでは、写真をカンボジアの建築と暮らしのテーマに分ける

 

左側が建築、右側が暮らし

f:id:piyokoworks:20161209103622j:plain

 

友人や知らない人が見てくれて、コメントを残してもらったり

展示する面白さを味わえる良い経験ができた

  

はずす前の最後の撮影


f:id:piyokoworks:20161209104827j:image

f:id:piyokoworks:20161209104842j:image

 

それにしても天ぷら美味しかった

f:id:piyokoworks:20161209104855j:image

ふらっと晩ごはんにのんびりお邪魔してもいいな~
 

友人のひとりから「建築の人が撮るっぽい写真」というコメントをもらって、

ああそうなんだなぁと思いながら、

この写真は建築の仕事まだ半分している頃のものが多い

しばらく建築の実務から離れてきたから今ならどうやろか?と感じることもある

 

来年もこういう機会が持てらたら良いと思うけど

他にストックが、、、ない(笑)

 

 

ちなみに

紙のフォトフレームはこちらで購入

ずいぶん調べたけど、箱入り30枚で買えるのはここぐらいしかなかった

 

decollections.co.jp

第3回関西蚤の市

まちかど

つぶやきばかりでなく、遊びのことも

 

阪神競馬場のイベント広場で開催の「第3回関西蚤の市」へ行ってきた

f:id:piyokoworks:20161206085815j:image

 

競馬場で馬券を買うために来ている人と、蚤の市に来るために来ている人とで競馬場はごったがえす

 
f:id:piyokoworks:20161206090214j:image

 

こんな、芝生広場みたいなとこや、遊具もあって、入場料200円だけど結構楽しいものもある
f:id:piyokoworks:20161206090229j:image

 

わたしは第1回目から2度目の関西蚤の市訪問。

 

今回は、豆皿市も同時開催で、どっちかといえば豆皿市が目当てだったけど、10時半ごろの到着ですでに、豆皿市のレジは長蛇の列。豆皿自体は見れたけど、気になっていた作家さんの豆皿も売り切れ。というか豆皿が想像以上にお値段の高いものが多くてびっくりした。基本的にはほぼ1点もの、作家ものだからそう言われればそうなんだけど。。。

 

その後蚤の市をぶらーぶら

カゴとか家具、雑貨、食器、キッチン用品いろいろ


f:id:piyokoworks:20161206085846j:image

 

パイロセラム欲しいな

直火、オーブンOKなり
f:id:piyokoworks:20161206090019j:image

北欧ビンテージ食器はどこのお店も同じブランドを出していたけど、どこも良いおねだん。

目の保養と言い聞かせながら

 

好みのラインナップのブースを見つけたら、お店のチラシやら名刺やらもらっておく。

京都とか神戸ならすぐ行けるし、いつもどこ行っていいかわからないからこういう手がかりはとても助かる

 

家具と食器がバランス良く売っていた。

神戸の倉庫でお店をされている「北の椅子と
f:id:piyokoworks:20161206085931j:image

 

状態の良くて手頃な食器が売っていた千葉県の「houti

f:id:piyokoworks:20161206085951j:image

 

学校モノが多かった奈良の「チロル」 

f:id:piyokoworks:20161206090017j:image

 

きちんと手入れされた古家具がほどよいセンスで並べられていた神戸三田の「atelier Persimmon 三輪珈琲店

f:id:piyokoworks:20161206090125j:image

 

あとは中古じゃない、新品の食器ブランドも(ここもすごい混んでいた。ちょっとレトロな感じでカワイイ上に、直火OK・レンジOKだったらそら買うわ)

愛知の「STUDIO M'

f:id:piyokoworks:20161206085910j:image

 

ざっくりと蚤の市を回ってるうちに飲食ブースも

競馬場のフードコート(吉野家とかモスとかある)も長蛇の列。。。

 

あまり並んでいなかった「食堂souffle」のテント(といってもお弁当1種類売り切れておられた)でビスコッティを買って小腹を満たす。

このビスコッティ激うまじゃないか!

これのために京都行きたいぐらい。

f:id:piyokoworks:20161206090154j:image

HPもカワイイな〜

souffle-shokudo.com

 

天候が怪しかったり、座れそうなところはほとんど埋まっていたのでそれほど長居せず帰宅。帰宅したら大雨がザ―――っと。はよ帰ってよかった。。。

 

関西蚤の市の主催は東京蚤の市を開催し続けている手紙社さん

イベントの感じとか出店者のチョイス、作り込みなんかは、さすが

言い方はちょっと悪いけど東京っぽい感じというか・・・

馬券を買いに来たおっちゃんたちが蚤の市に混ざることはまずない

(逆に若者が競馬場の食堂に行ってるのが面白いw)

大阪だとそういう人たちも取り込もうとしてしまうけど、、、

ちゃんと対象を絞っているのはいいなと思う

 

並ぶのが嫌いだと言われている関西人だって朝イチに行って、

長蛇の列並んじゃうんだもの

 

tegamisha.com

 

【つぶやき】最近の妄想のおはなし

つぶやき 日記・備忘録

私の祖父(母の父)は「たばこ屋さん」をしていた

築80年近くの農家型の家に増築するカタチでお店がひっついている店舗

 

祖父は30代前半で脳梗塞をわずらったため、サラリーマンなどの定職に就けなかった

もともと農家をしていたけど、農業だけでは食べれなくなった頃にたばこ屋も始めることになったらしい

 

たばこ屋さんといっても、生活雑貨や文房具、駄菓子や雑誌なんかも売っていた。

年齢とともに徐々に縮小し、最後はたばことジュース(ほぼ自販機営業)だけになったけど。

 

お店の空間はそこそこある。
孫たちに「店があるから何でもしたらええ」とうわごとのように言うていたらしい。(たまたま、私は建築士柔道整復師の弟、いとこは高校が製菓系という手に職系がいてたのもあって)


3年前に店を閉め、1年前に祖父が亡くなった。
現在は母屋(以下母実家)に祖母がひとり暮らし
店を閉めて以来店があった部屋には入ってない(暗くて怖い・・・)

 

つい最近祖父の家の近くでご実家をパン工房にされている方とお話をする機会があり、「何かやってもらえたら嬉しい」的なご意見もいただき、その時はごにょごにょと答えただけだったのけど

 

その後、祖母に会いに母実家に行った時にバスから見えるシャッターの閉まった店の跡を見ると「やっぱりもったいないよな~」という思いがむくむく

そうだな~私ならどうするかな~

 

コミュニティカフェとかかなぁ・・・

普通にサテライトオフィスでもいいな~

店だろうが事務所だろうが


かもめ食堂」みたいな空間が理想やな

youtu.be


将来カフェとして使えるような工房として作っておけばいいかも

 

あの家の長男たる叔父に話をしないと現実にはならないけど・・・ちーん

【つぶやき】おとな食堂やりたい

日記・備忘録 つぶやき

今、子ども食堂があちこちで発足している

子ども食堂を運営されている方の話を伺ったり、子ども食堂にお邪魔したこともある

「手作りの美味しいごはんをみんなで食べる」それだけのことだけど、救われることもある

 

世の中「子ども」に注目されている

とはいえ、都市には子どもがいる世帯だけではない

 

おひとりさま、子どもがいないDINKS世帯もいる

ところが、行事ごとなど見ていても自ら動かないと「地域にコミット」しづらい

これまでの活動を通じて、「誰もが参加できる企画」ではなく「限られた層しか参加できないけれど、ニーズのある人に届けて参加してもらう企画」もやっていく必要があると感じる

 

そこで思いついた「おとな食堂」

時には1人じゃなくて、みんなでわいわいごはんを食べる日があってもいいんじゃない?同じまちの中で暮らし、働く人同士がまちですれ違った時にちょっと会釈できるようになるだけで、まちでの暮らしは変わってくると思う

 

もちろん、子育ても昔よりも孤独であることには変わりない

けれど、今私はDINKS世帯の1人である

自分も当事者の一員として参加できる企画をしたい

 

もちろん、子どもができれば子育て世代の企画へと移行していくかもしれないけれど

子育てが自分が子どもの頃に比べればずいぶんと孤独であることにも気付いたから

 

会場はとある洋食店を予定

1000円で気軽に洋食を食べて欲しいというコンセプトのお店

 

ためしにやってみて、

ある程度定例化すれば、お店の方の無理ない範囲でお店主催企画に持っていきたいな