読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

ニフレルに行ってきた

ブログを書く余裕がないまま数日が、、、

 

先日、両親と祖母とニフレルへ行く。

www.nifrel.jp

 

かつては万博、エキスポパーク、そして今はエキスポシティとなったところ

今の風潮ではただ単なる「遊園地」よりも、ある程度無料も楽しめるゾーンや買い物スポットに有料で遊べるところがくっついている方が多世代が楽しむ場所としていいのかもしれない。消費しなくても過ごせる場所というのは結構重要かも。。。

といいながらも消費しないと子どもたちは満足しないでしょう。

 

お買い物のららぽーとは通路幅広く、それほど混雑していない感じ

フードコートと飲食店は地獄のように混んでいたが、、、

 

さて、ニフレル。

f:id:piyokoworks:20170330102206j:image

母は前々から行きたがっていて、この日、たまたま仕事が休み!

祖母もがんばって車(手押し)や杖を持参でやってきたら、それは断れない・・・

 

ニフレルに行った日、その日は連休最終日でめちゃくちゃ混んでいた

 f:id:piyokoworks:20170330102329j:image

チケット売り場は7つぐらい窓口があるので、すごーく並んでいても20分ほどで購入(並んだのは母だが・・・)

 

そして、いざ入場~

友人からはちょっと大人向けの展示と聞いていたけど、さすがに家族連れが多い

ニフレルは「水族館」のように大きな水槽がばーんとある感じではなく、

(生き物の大きさに合わせた)小さな水槽がほどよい感覚で置いてある

そして、わりと小さな生き物や単体の生き物が多い

 

ニフレル自体は写真撮影OK(フラッシュは禁止)のため、

水槽にいちいち撮影する人、スケッチする子ども、、、

動く生き物相手なので写真はぶれるやすいから子どもの水槽滞在時間は長め

 

人が多く、流動的に動いているので、手押し車を押すおばあさんにとってはちょっと辛かったかなぁ~たぶん、ベビーカーの人も同じかも・・・

(ベビーカーはベビーカー置き場が入口に設けられているため、だっこ移動も可能)

 

水中生き物ゾーンのあと、映像コーナーがありちょっと休憩

そこからは陸の生き物ゾーンへ


f:id:piyokoworks:20170330102248j:image

ホワイトライオン、ワニ、カバの所にはフードコーナーが

いいにおいがするし、子連れ危険地帯^^;

窓からの光がきもちよい

 
f:id:piyokoworks:20170330102309j:image

 

最後が、生き物をゆるーく放しているゾーン

カピバラとかペリカン、鳥たちを眺めて一回り

 

祖母も混んでてしんどかったかなぁと思いきや、

れいな魚たちをたくさんみれて喜んでいたので、年配の方でも楽しめる様子!

(これで、高齢者の割引があればもっといいんだけどなぁ~)

 

所要時間は1時間半~2時間程度

ちなみに食事は、週末ともなるとほぼ行列なのでニフレルを見終わるタイミングで予約しておいた方がいい!(一部の店舗では、店頭のタッチパネルやスマホから予約可能)

www.expocity-mf.com