読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

ポンピドゥーセンター

パリに行くといっとかねばならぬ建築の1つ。

レンゾピアノとリチャードロジャーズのポンピドゥーセンター

広場からみるとエスカレーターがチューブ状にみえる

ぴよこの日々つれづれ・・・-ポンピドゥー

この建物の前の広場は若者が多くて、みんな寝たり

ご飯食べたり、ギターの練習したり、大道芸人が寂しそうに何かしてたり(笑)

コンクリートの地面なのに人がすごく多い。

内部はこんな感じ。1階は無料でした

ぴよこの日々つれづれ・・・-ポンピドゥー

ダクトに色が塗っていてPOPでアートっぽい?

ここの本屋さんに日本のデザイン本も売ってました。もちろん日本で買ったほうが安いですが

せっかくなのでお金払ってミュージアムへ行くことに

共通チケットしかありません。常設も企画もシアターもコミコミです。

(さすがにシアターまでは疲れていけなかった・・・常設展だけでもかなりの量の作品がありました)

エスカレーターを上ります

春先なのに、このチューブの内部はとっても暑いです

ぴよこの日々つれづれ・・・-ポンピドゥー

夏はどないなるんやろ!?

広場とは反対の道路側からみるとこんな感じでダクトがいっぱい。

パリの中心でこんな建物はこれしかないのでは??

ぴよこの日々つれづれ・・・-ポンピドゥー

夕景です。不思議〜なかんじ。

ぴよこの日々つれづれ・・・-ポンピドゥー

昼間も夜も表現するような人とか、遊ぶ人とかたくさん集まっていました。

あまり夜遅くなると治安が悪くなるのでご注意。