piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

おとな食堂はじめて、その経過

このブログでつぶやいた「おとな食堂」についてを、

 

piyokoworks.hatenablog.com

 

リアル友人何人かに聞いてみたら「おもしろい!」という意見があったので、

改めて、SNSで「おとな食堂やりたい」と呟いてみた2017年はじめ

 

交友関係からすれば空堀あたりの友人たちを想定していたけれど、

もう少し広い範囲で予想以上の反響があり、クローズドだけど、SNS内に秘密のグループを立ち上げてみて集めたところ30人ちょっと

だいたいがシングルやDINKSの方なのだが、

シングルファザーの方や子どもがおられるママさんであっても地域のなかで孤独を感じている人も気になっていたので、当初よりすこし緩めにコミュニティを広げてみている

細かいルールは決めないけれどいちおうお願いとして

「だいたい空堀のおとな食堂」
・主に、だいたい空堀で住んでいる/働いている/活動拠点にしているおひとりさまもしくはDINKS世帯の方々
・お子さんがおられる世帯の方がだめというわけではないのですが、20歳以上限定とさせてください
・ごはん会は会場によって持ちよりだったり、飲食提供だったりさまざまを想定していてだいたい500円~3000円の辺り?
・一応大人のルールとして宗教や政治を含む宣伝勧誘はNGです(基本的には自分がされて嫌なことはしないということです)

ふりかえってみてここのコミュニティをベースにやったこととして

1回目 もちよりごはん会@自宅にて

2回目 突然晩ごはん会@まちの飲み屋にて

3回目 バーベキュー@自宅にて

3回目 友達(おとな食堂メンバー) @洋食屋にて

4回目 梅酒飲み比べごはん会@知人貸しスペースにて

それぞれ10名前後の参加者

バーベキューは20名ぐらいいた気がするけど

 

ここで繋がり合った人たちが、アトリエに遊びに行ったり、SNSで相談しあったりしているのは結構面白いなと思う。

もうすこし勝手に実行してくれる人がいたらいいなーーって思うけど、みんな忙しいしなかなか・・・

 

とりあえず今のところDINKS世帯の1員として、引き続きしばらくやってみよう

茶畑ビューイング

今年度は“お茶のスペシャル・イヤー”だそうで、お茶の京都博というイベントが京都・宇治茶の生産地である12市町村で行われている

私の友人が暮らす和束町でも「茶畑ビューイング2017」と題した茶畑とアートのツアーが行われていた

 

面白そうだったので、会期最終日前日ギリギリに訪問することに

 

ちなみに、和束町の茶畑は、斜面地に広がる茶畑の風景が、日本遺産第1号「日本茶800年の歴史散歩」に認定されている

 

「茶畑ビューイング」では、1つは、茶畑のビューポイントをシャトルバスやゴルフカートを利用して散策できる周遊と小屋アート、もう1つが和束川のほとりには“茶畑ハウス”というカフェもつくられている

小屋アートは農機具小屋を瀬戸芸や十日町でアート展示経験のある2名のアーティストが担当している

 

まずは、拠点となる和束茶カフェでゴルフカートの予約
ゴルフカートは往復ではなく、行きか帰りかどちらかの片道だったので
行きはシャトルバスで一番遠くのビューポイントまで

f:id:piyokoworks:20171207121756j:image

 

わかりづらいけど、「小屋アート」が見えている・・・

f:id:piyokoworks:20171207122626j:image

 

帰りは、ゴルフカートで出発!

f:id:piyokoworks:20171207121823j:image
おっちゃんが町のことやお茶のことなどを説明してくれながら斜面をのぼりビューポイントをまわる


f:id:piyokoworks:20171207122036j:image

f:id:piyokoworks:20171207122056j:image

こんな狭い道もゴルフカートで入って行った!!

紅葉と茶畑も美しい~♪

 

小屋アート
f:id:piyokoworks:20171207121906j:image

 

こちらは中に入り、光、、そしてアクリル棒から外のお茶畑がみえる
f:id:piyokoworks:20171207121922j:image

 

和束茶カフェに戻ってきてから
改めて、茶畑ハウスに送迎してもらう

f:id:piyokoworks:20171207122204j:image


f:id:piyokoworks:20171207121939j:image

 

 

ここでは日本茶インストラクターによるお茶のお話をしながら煎茶飲み比べ

 
f:id:piyokoworks:20171207121954j:image

しかし、この日は12月もはじめの冬の夕方
茶畑ハウスは、ガラスなどがない、だたの枠なのでものすごく寒い・・・
そのうえ1煎目は必ずぬるいお湯なのであったまらない(苦笑)
味はおいしいけど、寒い^^;


f:id:piyokoworks:20171207122127j:image

3煎目ぐらいになると熱いお湯で淹れてくださるけど、外気温が低すぎてすぐにちょっとぬるめのお茶になるぐらい寒かった

f:id:piyokoworks:20171207122139j:image

景色はとてもよかった!

 
最後に送迎で寄っていただいた観光案内所の暖かかったこと・・・

走る!!しまなみ海道その3

その1

piyokoworks.hatenablog.com

 その2

piyokoworks.hatenablog.com

 

のつづき

 

~最終日~

この日も天気予報によると天候が危ぶまれているとか、いないとか…という状況

しかし、帰らなければならないので、雨が降ろうとも走らなければならない、そんな日

 

朝の散歩で大山祇神社奥の院への参道にある「生樹の御門」を訪れる

f:id:piyokoworks:20171129153407j:plain

f:id:piyokoworks:20171129154112j:plain

色々な植物が絡まり合っているけれど、生きている。。。

 

ユニークなお顔の狛犬とも出会う

f:id:piyokoworks:20171129154312j:plain

 

大山祇神社参道の石畳の道で・・・

f:id:piyokoworks:20171129154353j:plain

続きを読む

走る!!しまなみ海道その2

こちらのつづき

piyokoworks.hatenablog.com

 

前日とはうってかわっていい天気~!

しかし体はガタガタ…そして風が強い

この日は、因島からフェリーに乗り「ゆめしま海道」を走ってみることにする

 

とはいえ、因島まで走らないとだめなんだが…

f:id:piyokoworks:20171129135813j:plain

旅館はええね。朝ごはんいっぱい出るから。

 

am10:00宿を出発…はて?なんでこんなに遅くなったのか(苦笑)

連泊なので荷物軽くラクチンで、多々羅大橋を渡る

f:id:piyokoworks:20171129135849j:plain

生口島上陸すると、レモン・みかんの木が急激に増える。

大三島にもみかんの木はたくさんあったけど、こちらは、レモンの方が多い気がする。

目的地に行くにはもう1つ橋を渡り、因島へ行く必要がある。。。

風が強い中を走る。行きはヨイヨイ追い風だった

 

因島も無事上陸!!

f:id:piyokoworks:20171129140045j:plain

フェリー乗り場を探して走ること30分弱

桟橋を見つけ、生名島行きのフェリーに乗船!なんと人70円、自転車60円!!

5分程度の船旅で、無事に生名島に上陸!

 

続きを読む

走る!!しまなみ海道その1

先日、2度目の「しまなみ海道」自転車旅行に行ってきた

輪行Youtubeでイメージしてきたけど、やっぱり難しい

 

1日目は、雨天走行となってしまったことも思い出の1つか…。

 

3年ぐらい前に買ったはずの雨具が見つからず、、新たに買ったモンベルのウインドブレーカーで雨天走行はかなりきつかったな

 

まず、大阪南港22:00発のオレンジフェリーに乗って愛媛県東予港へと向かった

f:id:piyokoworks:20171129132408j:plain

 

am6:00東予港着

輪行の組立ができるサイクルステーションがある(が、駐車場へ行き着する人との動線と重なるので注意が必要)

f:id:piyokoworks:20171129132431j:plain

 

am7:00東予港~今治まで約25kmの走行

今治駅近くで朝ごはん食べて(珈琲道場:おいしかった!)改めて出発

f:id:piyokoworks:20171129132449j:plain

 今治駅前から出発し、来島海峡大橋を渡り大島へ

続きを読む

手帳その後・・・

こないだの続きエピソード

piyokoworks.hatenablog.com

 

マンスリー+ノートスタイルでちょっと使ってみたけれど、

どうもしっくりこない。

というのも、2017年の手帳がマンスリー&ウイークリーで、ウイークリー欄の横にノートがついていたので、だいたいその出来事がある日のことをそのページにメモ(電車の時間とか行き方とか)という習慣がついてしまっていたらしく、見返すのが面倒では!?

ということに気づく・・・

 

おおおおぉぉぉ・・・

トラベラーズノート、ただのトラベルノートだけにしておくにはもったいない!(カバーが高いんだもん!)

ほぼ日のような体裁でウイークリーとかないかな~とちょっと調べてみたら、ふつうに「ほぼ日ウイークリー」あるやん!なんで気付かない…

 
f:id:piyokoworks:20171129124712j:image

f:id:piyokoworks:20171129124730j:image

 


f:id:piyokoworks:20171129124743j:image

さらに調べて、ほぼ日ウイークリーにトラベラーズノートのカバーの大きさは合う、ということで、即LOFTに行ってお買い上げ!

もちろん、カバーがあるのでいちばん安いやつ

 

はい!ちょっと小さいけど納まっている!

小さいがゆえにペンがはさめるやん♪

f:id:piyokoworks:20171129124710j:image

とりあえず、2,3日分記入してみたけれど、今のところ快適のようす。

 

ノートのリフィルはノートで使えるとして、トラベラーズのマンスリーリフィルどうしようか(悩)ちょっと書き込んでしまったしorz

 

下町芸術祭2017

下町芸術祭2017に神戸に行ってきた。

 

下町芸術祭は神戸市長田区南部の地域活性化を目的に2015年からはじまったアートイベントとのこと。2017年は2回目だそう。新長田を拠点とするアートや演劇のNPOを中心に事務局やアーティストのキュレーションなどを行っている。

 

JR新長田駅から歩くとまず、実物大鉄人28号にご挨拶


f:id:piyokoworks:20171115123921j:image


この辺りは阪神大震災で火災となったエリアのため、大規模再開発建物が並ぶ。

 
f:id:piyokoworks:20171115124121j:image

 

2号線をわたり、海に向かっていくと、突如長屋などの木造住宅が並ぶゾーンに入る。
f:id:piyokoworks:20171115124027j:image

上記写真の左側は再開発ビル、右側は良く見ると長屋とか階層の低い建物だったりする

 

お風呂屋さんも現役である(もう1軒近くにあるみたい)

f:id:piyokoworks:20171115124319j:image

 

舗装されていない路地があってびっくり!
f:id:piyokoworks:20171115124136j:image

 

やすらぎ小路という通りがあったり、路地中に喫茶店のような店舗もみかける

f:id:piyokoworks:20171115124210j:image

 

 路地があり、漁港があり、一瞬ここは神戸市?と思いたくなる風景がみられる。
でも、数年前に比べると随分空き地が増えているとのこと。

f:id:piyokoworks:20171115124225j:image

f:id:piyokoworks:20171115124237j:image

 

 

 

展示場所は、アート団体拠点の建物や空き家、空き地、路地などが活用され、演劇が行われている日もあるみたい。行った日が悪かったのか、あんまり人と出会わなかったが、作品の近くになると「下町芸術祭」ののぼりが急に増えてきて、わかりやすかったけど…設置するのも大変やし、撤収大変そうやなって思ってしまう(苦笑)

 
f:id:piyokoworks:20171115124157j:image

f:id:piyokoworks:20171115124455j:image


f:id:piyokoworks:20171115124443j:image

 

 

ある作家さんの作品を作家本人ではなく、地域の方が展示に挑戦した民家のところや元保育園での森村泰昌さんプロジェクトの展示(~2019年度までの3か年事業)でぞろそろと他の来訪者と出会う。

 
f:id:piyokoworks:20171115124301j:image

 

下町芸術祭のホームページが見づらいな~と感じるのは私が頭悪いからなのか^^;

www.shinnagata-artcommons.com