piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

下町芸術祭2017

下町芸術祭2017に神戸に行ってきた。

 

下町芸術祭は神戸市長田区南部の地域活性化を目的に2015年からはじまったアートイベントとのこと。2017年は2回目だそう。新長田を拠点とするアートや演劇のNPOを中心に事務局やアーティストのキュレーションなどを行っている。

 

JR新長田駅から歩くとまず、実物大鉄人28号にご挨拶


f:id:piyokoworks:20171115123921j:image


この辺りは阪神大震災で火災となったエリアのため、大規模再開発建物が並ぶ。

 
f:id:piyokoworks:20171115124121j:image

 

2号線をわたり、海に向かっていくと、突如長屋などの木造住宅が並ぶゾーンに入る。
f:id:piyokoworks:20171115124027j:image

上記写真の左側は再開発ビル、右側は良く見ると長屋とか階層の低い建物だったりする

 

お風呂屋さんも現役である(もう1軒近くにあるみたい)

f:id:piyokoworks:20171115124319j:image

 

舗装されていない路地があってびっくり!
f:id:piyokoworks:20171115124136j:image

 

やすらぎ小路という通りがあったり、路地中に喫茶店のような店舗もみかける

f:id:piyokoworks:20171115124210j:image

 

 路地があり、漁港があり、一瞬ここは神戸市?と思いたくなる風景がみられる。
でも、数年前に比べると随分空き地が増えているとのこと。

f:id:piyokoworks:20171115124225j:image

f:id:piyokoworks:20171115124237j:image

 

 

 

展示場所は、アート団体拠点の建物や空き家、空き地、路地などが活用され、演劇が行われている日もあるみたい。行った日が悪かったのか、あんまり人と出会わなかったが、作品の近くになると「下町芸術祭」ののぼりが急に増えてきて、わかりやすかったけど…設置するのも大変やし、撤収大変そうやなって思ってしまう(苦笑)

 
f:id:piyokoworks:20171115124157j:image

f:id:piyokoworks:20171115124455j:image


f:id:piyokoworks:20171115124443j:image

 

 

ある作家さんの作品を作家本人ではなく、地域の方が展示に挑戦した民家のところや元保育園での森村泰昌さんプロジェクトの展示(~2019年度までの3か年事業)でぞろそろと他の来訪者と出会う。

 
f:id:piyokoworks:20171115124301j:image

 

下町芸術祭のホームページが見づらいな~と感じるのは私が頭悪いからなのか^^;

www.shinnagata-artcommons.com

灯しびとの集い2017

友人がボランティアスタッフをするということで、堺の灯しびとの集いを訪ねる

f:id:piyokoworks:20171113175522j:image

灯しびとの集いは、「手しごとを堺の街から」をキーワードに、日本の工芸を育てた「茶の湯」と縁が深く、海外からの文化が訪れる地である堺から発信するイベントとして2009年から行われている。

 

出店者は、プロやプロを目指す方々で、全国各地から応募があり、選考に選ばれた方のみが出すことができるということで、来場者からすればレベルの高いオリジナルクラフト作品を一気に見ることができる、とも言える。

 
f:id:piyokoworks:20171113175539j:image

2017年の会場は仁徳天皇陵もある大仙公園にて
JR阪和線百舌鳥駅徒歩5分。百舌鳥駅に近い入口からすぐの所に会場があり、わかりやすかった。


出店は、陶芸、木工、ガラス、布、金工、アクセサリーなどが並ぶ
作品のお値段もさまざま
(ちなみにカード購入OKの所も多い!)

 
f:id:piyokoworks:20171113175558j:image

 


f:id:piyokoworks:20171113175612j:image

 

お金持ちだったら買ってるな、というものばかり(笑)
目の保養!!

 

フードは開催前から行列ができていた(すごい!)

f:id:piyokoworks:20171113175649j:image

 

気になったものたち

草木染めのストール

f:id:piyokoworks:20171113175705j:image

鉄のフライパンと鍋敷き

f:id:piyokoworks:20171113175743j:image

 

友人にも無事会えて、ボランティアスタッフは、受付業務のほか、1人参加の出店者の交代要員(トイレなど)として巡回しているとのこと


今回は時間がなくざーっと見て終わっただけだけど、ピクニックがてら行くのも良さそうだな~(実際会場周りでレジャーシート敷いているファミリーもおられた。出店者さん関係かも…)

 

公式グッズや活動費に繋がるマップ、ブローチや手ぬぐい販売もあった
クラフトのイベントだけあってオリジナルグッズのレベルも高い!

灯しびとの集い

茶源郷まつりに行ってきた!

10月は5回ある日曜日のうち、3回雨天(しかも2回は台風)だったので、11月は晴れの週末を期待したいところ

 

さて、11月最初の週末は京都府のお茶どころ和束町で開催されている「茶源郷まつり」へと!和束町は何度も訪れている素敵なところ

この日は、おそら町の住民の大半が関わりのあるまちの文化祭のようなイベントでもある

 

ステージにフードや地場野菜に、お茶!

お茶も試飲だけでなく、様々な体験企画に茶畑散策など盛りだくさん。

もちろん、子どもも退屈しない、遊びコーナーもちゃんとある

f:id:piyokoworks:20171108171448j:plain

ステージでは、ご当地バンドの出演や地元のプロの演奏者の出演なども。

お茶の淹れ方の歌とか笑えた

 

南山城村のイタリアン、FRONTさんのパスタをお昼に~

f:id:piyokoworks:20171108171626j:plain

 

ワークショップでマイ茶杓づくり

f:id:piyokoworks:20171108171746j:plain

f:id:piyokoworks:20171108171815j:plain

竹を削るって難しい・・・形にはなったかな?

 

天空カフェという高台にある茶席で「天空茶会

f:id:piyokoworks:20171108171858j:plain

 

茶畑の広がる景色の中でのお茶

f:id:piyokoworks:20171108171925j:plain

 

ここでは玉露をいただく

和束町の和菓子職人によるお菓子も一緒に

玉露は、ひと肌ぐらいの温度でゆっくり茶葉が開くのを待つと、苦味のない旨味の際立つお茶が出る

2煎め、3煎めは少し温度の高いお湯で淹れることで味の変化も楽しむ

f:id:piyokoworks:20171108171918j:plain

玉露の名前の由来は、注ぎきる前の滴が、

「ぽたりぽたりと玉の露のようなかたち」のしずくから来ている、

という説があるというのも納得※諸説あり

 

3煎目にお茶を頂いたあと、

シメに開いたお茶の葉をポン酢で頂く

f:id:piyokoworks:20171108172126j:plain

お茶のエキスから葉っぱまですべて頂いた。

 

ここまでで、約40分ほど。

お祭りの喧騒を忘れるぐらいのお茶会であった。 

 

夕方近くなると徐々に冷え込んできた、秋の和束町

 

手帳はなかなか難しい

手帳とかいつも使うものはなんとなーく「こだわり」を持っていて、

とりあえず手帳売り場で開いて触って確認して・・・から買うことが多かった。

とはいえ、色々経験してみるとだいたい傾向は見えてくるので迷いは減りつつあるが。

 

<私の手帳遍歴>

ほぼ日手帳

 →コラムは面白いけど、毎日書くことはない…

超整理手帳

 →ちゃんと買ったけど、合わなかった。違う手帳買いなおした

マークスのカレンダー手帳

 →マンスリー派としては良い手帳だと思う。ただ、メモ欄が少ないので、別にノートを持たなければならないという苦しみ

ロールバーン手帳などのマンスリー+ノート欄たっぷり系

→上記のカレンダー手帳の悩みを解消した手帳。会議や思いついたこと等をガリガリ書けて良い。ロールバーンは特に透明クリアポケットがついているので、ちょっとしたものを入れられるのが◎

・ノートやクロッキー帳にカレンダーを貼る方式

→大学院時代にゼミ等がコンスタンスにあるので、ロールバーン手帳ではノートが間に合わないのと、お金がなかったということで、このスタイルで。

カレンダーはここのサイトのデザインが好き

モーメントプランナー

→友達が使っているのを見て、便利そうだなーと思って2017年はこちらに

マンスリーばっかり使っていて、久しぶりのウイークリーコーナーがある手帳

折り込み式とはいえ、マンスリー→ウイークリーの行き来が意外と面倒

でも地下鉄の路線図がついていたり、ちょっとしたプチ情報があるのは良い

 

と来て…

今年は、あこがれの!!

トラベラーズノート」を手帳に!!!

f:id:piyokoworks:20171102165936j:plain

革のカバー、布袋、マンスリーノートしかない、シンプルなものなので、これからカスタムしたい!12月からなので、まだ使っていないけど(12月の予定結構まだ白いし…)

違うダイアリーを使いたい時はノートだけにするとか、色々できるかな~と考えつつ手に馴染むノートとして使えたらなぁ~

 

ちなみに、仕事の会議予定共有もあって、手書きの手帳と同時にグーグルカレンダーも使っている。これはこれでなくなると困る。。。

懐かしいふろくたち

断捨離は難しいなあと思いつつ、引っ越してから段ボールから出てないものを改めてみようと思い、思い切って開けてみた

 

その中でも、ちょっとずつ減らして、減らして、、、引っ越ししてもなお、持ってきてしまったもの。

 

それが懐かしい「ふろく」たち

1990年代の「りぼん」や「なかよし」をはじめとする雑誌のふろくは主に紙モノ

組み立てる箱とか引き出し、レターセット、ノートなどなど

 

f:id:piyokoworks:20171030161712j:plain

どれもこれも今見ても色あせてないプリント。。。

 ちょっと大人になりかけていたのでジャンヌの付録は特に美品♡

 

これはファイル。お気に入りレターセットが1セットずつ

このファイルさえもレア。。。

f:id:piyokoworks:20171030162400j:plain

 

右のセーラームーンの手帳は名前書いてた^^;

f:id:piyokoworks:20171030162124j:plain

 

どう使ったのか覚えていないけど、結構使っていた痕跡のあるときめきトゥナイトのタロットの台紙(平成4年10月号…25年前!?ひえぇぇ)

f:id:piyokoworks:20171030162715j:plain

タロットカードもないし、これは写真に納めておいて、思いきってお別れする

 

写真のものはどれも組立ないものばかりだけど、組立ふろくもいくつかあって、引き出しボックスとかペン立てとかも

組立ふろくを設計した方の記事を読めばますます捨てられないな~~

portal.nifty.com

 

捨てるに忍びないけど、置いていても、、、というモノはバザーの景品としていくつか寄付することにしたけど、好きな作家さんや思い入れの気持ちが多いマンガのものは手元に置いておいたので、そんなに減っていない(苦笑)

 

大大阪藝術劇場

たまにはホームタウン空堀のことでも(住んでいないけど)

 

4軒長屋のうち、奥の2軒はかつて

「心裸」という名前のカレー屋さんだったり陶芸教室だったようなスペースがあった

f:id:piyokoworks:20171030160906j:plain

2000年ごろから大阪でプチブームだった長屋再生店舗

空堀」といえば「心裸」というぐらいの場所だったが、色々あって閉店

(今でもグーグルマップに入力すると店名が出てくるけど、お店は随分前からない)

 

そこから約10年ずーっと空き家になっていたそうである

今年になり、大家さんである児童文学作家と劇作家の親子、そして芸術や建物に関わる人たち5名がたずさわり、大大阪藝術劇場として2017年9月に再び開かれることになる

f:id:piyokoworks:20171030160851j:plain

「大大阪」とは、大正から昭和にかけて賑わっていた頃の大阪は、「大大阪」と呼ばれており、戦災を逃れた長屋にその時代に思いを馳せてのことだそう

 

こけら落とし公演も行っておられたが、都合によりお邪魔できなかったので、その後の展示にお邪魔した

f:id:piyokoworks:20171030161242j:plain

f:id:piyokoworks:20171030161259j:plain

 

内部空間の雰囲気とか柱梁のちょっと危なげなところとか、心裸時代にお邪魔した風景がよみがえる(もちろん、オープンに当たっては随分と補強されたそうなので、ほっとする)

f:id:piyokoworks:20171030161146j:plain 

f:id:piyokoworks:20171030161159j:plain

f:id:piyokoworks:20171030161213j:plain

 

色々な人が訪れて、ますます磨かれる場所となって欲しいものである

 

台風一過

台風が過ぎ去ったあと、、色々爪跡が残る道々・・・

大和川の水位が上がっていて、避難していた友人も何人かいて、ドキドキの中むかえた朝

 

ふと見ると虹が見えていた

f:id:piyokoworks:20171025112248j:plain

 

見た人もたくさんいただろうなあ~