piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

せなけいこ展

年明けすべりこみで

せなけいこ展」へ!

f:id:piyokoworks:20200106200536j:image

ねないこだれだ」誕生50周年記念の全国ツアー展で、大阪は阪急うめだホールで1/6まで開催されていた。年末年始をはさんで開催されていたけれど、時間の都合で年始直後に。 ファミリーだけでなく、大人同士など色々な方が来られている印象。

www.asahi.com

 

絵本で見ると、印刷のせいか、平面的な印象だったので、どんな技法で描いているかということを意識していなかった。原画は和紙や画用紙など様々な紙を使ったはり絵で、立体的な印象を受けた。

ご自身のお子さんに向けた手作り絵本がほぼそのまま出版されてデビューされたころ、その後お子さんの成長に合わせて作られた絵本(めがねうさぎのあたりまで)

 

知っている絵本は絵をみるだけで、文字が出てくる。

なぜか自分の本棚ではなく、母の実家のおもちゃ箱に入っていた絵本。

 

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)

 

 

いやだいやだ (いやだいやだの絵本)

いやだいやだ (いやだいやだの絵本)

 

 

もじゃもじゃ (いやだいやだの絵本)

もじゃもじゃ (いやだいやだの絵本)

 

 

2000年代には、「おばけ」や「落語」をモチーフにした物語、外国の物語の挿絵などが描かれている。

時代とともにおばけの雰囲気も変わってるな~(ちょっとつりめ?)

おふろにいれて (せなけいこのえ・ほ・ん)

おふろにいれて (せなけいこのえ・ほ・ん)

 
おばけのばあ

おばけのばあ

 

 

 

www.ehonnavi.net

 

会場内で行われていたおばけスタンプラリー

さすが展覧会も終わりの方で薄くなってる、、、

f:id:piyokoworks:20200106204059j:image

 

 

あけまして2020

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

紅白を見つつ、ちょっと仕事したりして、今年の紅白は曲の間にすぐVTRに切り替わって見づらかったな〜と思ったり。その後、年越しは除夜の鐘をついてきました。

f:id:piyokoworks:20200102103425j:image

 

今年は2010年代の振り返りをすることが目標です。

革友禅で小物づくり

革友禅を使った小物づくりのワークショップへ、寺田町駅からてくてく歩いて商店街の中にある革友禅専門店「自分屋」さんへ

jibunya.jimdofree.com

 

こちらの、革友禅の特徴はでこぼこと彩り。

店内にも色々な柄の革があり、財布などの小物やポシェット、バッグなどが所せましと置いてあった。

 

ワークショップは友人である革作家が教えてくれる

f:id:piyokoworks:20191226122324j:plain
今回作ったのはティッシュケース付きポーチとおまけにブローチ

 

ほぼほぼ形は作られていて、ボタン付けと、メインの両サイド部分の縫い付けだけだけれども黙々と手を動かす時間があり、良い時間であった。

下鴨アンティーク

最寄り駅1つ手前の図書館が木金が20時まで開館していることを知ってから、ネット予約など便利に利用していたり、まちライブラリーの本の交換企画に参加したりして、読み漁っているところ。

最近シリーズで一気読みした小説が「下鴨アンティーク」

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)

 

 番外編も含めて8冊出ている小説で、時系列で2、3年ぐらい


***アマゾンに書いてある内容紹介***
アンティーク着物をめぐるミステリー。
京都、下鴨――。
高校生の鹿乃は、旧華族である野々宮家の娘だ。両親を早くに亡くし、古美術商を営む兄と、下宿人の慧と三人で、古びた洋館に住んでいる。
休日はたいてい、祖母のおさがりの着物を着る。鹿乃はアンティーク着物が大好きなのだ。
そんなある日、「開けてはいけない」と言われていた蔵を開けてしまう。すると、次々に不思議なことが起こり始めて…!?


作者である白川紺子さんは、大学時代を京都で過ごされ、2013年にコバルト文庫からデビューした小説家で、女性向けの小説を書かれている。
この下鴨アンティークは2015年から2018年の間に出されたもの。

 

文庫本の表紙がかわいらしくジャケ買い(借り)したというのもあるけれど…

 

 

主人公である鹿乃は休みの日にはよく着物を着ている。かなりモダンな着物を選んでいるようで、文章から読み取って想像?妄想?するのも楽しい
(コミック版も出ているらしく、そちらには小説の着物が実際の絵になっている)

着物好きの人におすすめしたい小説でもある。(ただし、ファンタジーが好きでない人は難しいかも)

 

舞台は現代だけど、「不思議なことが起こる着物」を本来あるべき色柄に戻す、という意味ではファンタジー要素もあり。結局は、人の心のわだかまりや誤解を解くことが戻すキーになるのかなと。登場人物の背景の作りこみはしっかりされていると思う。物語は連載になっているけれど、1つ1つが短編の繋がりなので、ある意味で次に引きずりすぎない話の作り方になっているので、解決は比較的あっさりしている。

 

ドロドロのミステリーを好む人には向かないけれど、

電車の中でちょっと読めるぐらいなので、ゆっくり読む人、物語に浸りたい人、中高生も読みやすいのでおすすめ。 

 

下鴨神社や鴨川デルタをはじめ京都の下鴨あたりを中心に京都のあちこちのお寺や名所が出てくるので、京都好きさんも♪

orangebunko.shueisha.co.jp

 

この方の読書メモには、物語にまつわる着物や写真を掲載されている

kusagusa.cocolog-nifty.com

 

まちづくり大忘年会

まちづくりに関わる方、まちづくり講座の参加者の集まる大忘年会に参加!

f:id:piyokoworks:20191220082211j:image

久しぶりにたくさんの人と話して知り合った夜

たいへん賑やかで楽しい会であった

鶴身印刷所

京橋駅から歩いて5分ぐらい、線路沿いにある壁画が印象的な建物「鶴身印刷所」の交流会にお邪魔する。

f:id:piyokoworks:20191219124616j:plain

もともと、この建物は学校の講堂として戦前にあったものを、オーナーの先々代の方が買い取って印刷工場にされたとのこと。

今のオーナーさんが引き継ぐときに印刷会社は廃業し、リノベーションして、貸しアトリエ、事務所、店舗として賃貸をしておられる。

また、間借りの飲食店もあるなど、1階の半分はフリースペースにもなっており、時々ワークショップなども行われるそう。

建物の壁画には、印刷屋の時代の写真をもとに、過去から今までの風景が描かれているそうで、以前は並びに第2工場があり、その部分には現代のあたり描かれていたけれど、解体されたとのこと。作家さんは解体されることを知っていてあえて書いたそう

 

建物の中から出てきたフルモノや集めてきたり提供されたフルモノも販売中。安くていいものがある。(一部非売品あり)

f:id:piyokoworks:20191219125419j:plain

 

 この日はもちよりで、わいわい

f:id:piyokoworks:20191219125657j:plain

 

f:id:piyokoworks:20191219125406j:plain

いくつかのアトリエにもお邪魔させていただき、色々とお話を伺えて楽しい時間であった