読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

久しぶりにお風呂屋さん(銭湯)

久しぶりにお風呂屋さんに行く

「関西では銭湯を風呂屋と呼ぶのが正しい」

と言葉の専門家から教わったので風呂屋で

 

f:id:piyokoworks:20170114210947j:image

はじめてのところ

小さなお風呂屋さん

 

この辺りはまだお風呂がない家に住むかたが結構多い(大阪市内)

ここはこのまち唯一のお風呂屋さん

 

日々値上がりする浴場組合の入浴料

現在440円

 

入って入り口開けたら仕切りなく、すぐ脱衣場

おじさんは番台に座らず、番台の向こうの男湯の脱衣場に立っている

昔は番台に座ってはったんかもしれない

 

実はあまり長湯できない、

なのにもったいなくて長湯してしまう

 

ちなみに「お湯と水と交互に何回か入ると湯冷めしにくい」

と、今はなき風呂屋で出会ったおばちゃんに教わった

私は水風呂は勇気がないので手足に水をかける程度だけど、、、

 

20分ほど洗い場で流して風呂へ

つかっては水をかけ、を3回ほど

 

さいごはほかほかで脱衣場へ

あー、ふわーっとするー

 

めまいがして倒れかける、、、

心臓バクバク

よく考えたらお昼抜きだし

おやつ以外空きっ腹だったなー

ぐるぐるぐるぐる

世界がぐるぐるまわる

 

長湯と空腹への後悔の念

そして、

どうにか復活?

 

久しぶりにやっちまった

そんな話

 

次の日、朝起きて生きてる実感した