読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

重ね煮ストックづくり

グルメ?



「重ね煮」ストック作るのにハマっています。

土鍋の底に塩を敷き、
まず、しめじ。

{E378615C-80DB-4184-ACAD-3505463EDD09:01}


次にズッキーニ(でっかい使いさしがあったので)
{B232C210-56CE-4954-A2A4-51819336C687:01}

そして
たまねぎ(小さいの一個しかなくてギリギリズッキーニ隠れた!)
{92AA2853-D8C2-4A7E-9CEF-6E1F2AC18F62:01}


そして、にんじん
{2F14C0E6-4642-4948-A5AB-1A11D8E943AA:01}



「重ね煮」は、岡山の百姓屋敷わらで考えられた調理法だそうです。

「重ね煮」とは、野菜を順番通りに重ねていき30〜1時間ほど煮たものです。
これは1つの調理法で、できあがったものをそのまま食べるというよりは「料理の素」という感じです。(そのまま食べてもおいしい◎)

先日、重ね煮を広める活動をしている方と出会い、実際に彼女が作った重ね煮料理を頂きました^^
アレンジが効き、どのお料理もお野菜のうまみがしっかりとしていました。調味料はとてもシンプルでした。葉物以外のどんな野菜でも重ね煮は作れるそうですが、基本は年中手に入りやすい「しいたけ、たまねぎ、にんじん」を作っておくと便利だそう。
重ねる順番は上に伸びていくものが下。

例)
鍋のふたDASH!(蒸気が逃げないように穴をふさいでおく)

にんじん千切り
玉ねぎまわしぎり
しいたけ千切り

鍋の底
メラメラメラメラメラメラ


また、ここでは「命をいただく」ことで「生かされている」ことも教わりました。

{2DB486BC-5A3B-4174-A83E-DB4A4915D075:01}

コトコト煮たら半分近くに減りました。
濃縮された野菜のにおいがふわっと。




重ね煮味噌汁は出汁とらなくても
 「重ね煮+水(お湯)+味噌」で美味しい味噌汁ができたり
 サラダやグラタンにも!
⇒重ね煮アレンジレシピはこちらを参考に