読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

彫金。ちょーきん。

先日、友人に誘って頂き、彫金の体験へ!

高架下のなんとも不思議なアトリエで。

事前に友人とバレッタを作ろうという話をしていたら、友人がパーツを色々持ってきてくれました


紙に下書きをして、
どんな金属がいいか話をして、
真鍮を使うことにしました

真鍮の板に下書きを貼りました
{80AB2FDC-9E00-4435-B220-41ED15E8095D:01}


そして、ほそーいほそーい糸のこで切ります
{0641DC29-66E4-423F-96D4-6F6240BCA0D8:01}

力加減が難しく、力のかけ具合を間違えると刃がポキっと折れてしまいます

{7727A0C7-2E09-4DB0-B328-3D5640E3832C:01}

さらに金属ヤスリで糸のこでガタガタの周りを整えて、
表面にテクスチャをつけます。
テクスチャ用に加工された金槌やクサビでトントンたたきます
{BADA74ED-BECB-4026-AF15-210D7A096797:01}

叩くのはたのしいのでやりすぎてしまうことも 笑

バリを紙やすりで削ってつるっとさせてから、

バレッタのパーツに合うように表面をたたいて曲げて、
穴開けてかしめて(ここらへんは先生がやりました)

完成!です!


{A95B3FB8-FCF6-4320-8B9C-7FF2655E4DA7:01}

ちょうちょかもしれない、
りぼんかもしれないバレッタ

デザインの絵の通りにはいかないけれど、、
作るのは
楽しいですね