読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

あれから4年・・・

日記・備忘録

4年前の3月11日

その日、私は大阪にある家にいて、
夜発の飛行機でローマに向かう予定だったので、準備も終わり、家でダラダラしておりました。

テレビ見てたらゆっくりと家がふわりふわりと揺れてとまりました。
しばらくするとテレビの画面に東北地方沿岸部に「大津波警報」が出ている地図が表記され、すぐ逃げるように指示がある表示がでました。

予定よりも早く出発して、空港に向かったことを覚えています。
羽田経由の飛行機だったのが、羽田に着陸できず、関空発に変更になっていたり、
旅先でも「日本は大丈夫かい?」とイタリア人に聞かれたり、福島の映像もイタリアのニュース番組で見ました。
約2週間ほどの旅行だったのですが、旅中に母からメールで「日本のテレビは震災ばかりで、ちょっとしんどい」というメールがきており、若干心配しましたが。。。


その後大学院に入学し、研究室でも被災地プロジェクトがはじまることとなり、
私がはじめて被災地を訪れたのはそれから半年後の2011年9月頃

{B884E890-3B25-4276-B4BF-F152C2BFB02F:01}

{A42DCE28-AFA2-4283-BDCA-C53B43BAEB73:01}

{411A6CBF-177C-44C4-8A3D-83DFF3F5E5A4:01}


その後被災地の活動に1年半ほど参加し、
ワークショップをはじめとする様々な支援活動を行ってきました。
現在も研究室では被災地に少なからず関わっています。
こちらの記事です


今はなかなか出向くことができず、SNS等での情報交換となっておりますが、、、
また行ける日を作ろうと思っています。
ひとまず、今日は東北にココロを馳せる日を送りました。



●3月11日に思いを馳せていた去年の私の日記
1年前の記事