読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

すっかりファンに…

路地奥にあるお店は日本にいくつもあるけれど、こんなお店は他にないでしょう。

大阪は空堀の中でもわかりづらーい、路地の入り口にこんな看板が

photo:01

奥にすすむと長屋があり、長屋の一番奥に、この「おん食堂」はあります。

photo:02

メニューはいたってシンプル

photo:03

この食堂は、ギフトエコノミーという仕組みで営業されていて、メニューには値段がついていません。
お客さんが食べているものは、前のお客さんからのギフト、そして、食べた人は次の人のためのギフトとしてお金、食べ物、モノ、技術などで返します。
このシステムを採用しているお店は日本ではここだけだそう。(イベントでは実践されている)


先日、ランチに伺ったときは、
うちの父が畑でつくった不揃いな人参をたくさん持参。

この日は重ね煮のお味噌汁をいただきました^ ^
前の方からのギフトをありがたーく

photo:04

土鍋のふたをあけると…!

photo:05


野菜たっぷりで美味しかったです(*^_^*)

お店の方と雑談したり、ゆっくり本を読んだり、友達の家に来たような、そんな感覚。
(実際長屋の2階には人が住んでおられるそう)

夜は、予算に応じてオーナーさんの作りたいものを自由に作っていただくスタイル。

オーナーさんの人柄やお店の雰囲気、料理の美味しさ、どれをとっても花マルで、しょっちゅう通いたい!!

くわしくは おん食堂 (食べログ)