読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

ラ・トゥーレットの修道院

ケンチク

マルセイユからTGVに乗り、リヨンへ。

リヨン駅のロッカーに荷物を預け、1泊分の荷物だけを持ってさらに電車に乗る。

目的地は こちらも ル コルビジェの ラトゥーレットの修道院の見学および宿泊。

2日連続で名建築に泊まる。。。

駅に到着するとすぐに坂道。

ところどころに修道院への案内看板があるものの、坂道ばっかりだし、人もほとんど歩いていないわで1人旅だと結構不安になるだろうなぁ。

ぴよこの日々つれづれ・・・-ラトゥーレット

坂道も登って、マリア様の像も曲がって、牛と出会って、

それでもどんどんどんどん坂道を登っていく。

そしてようやく見えてきた。


どーんとそびえたってる感じ。

天気が悪いのであまり美しいとはいえないが。

ぴよこの日々つれづれ・・・-ラトゥーレット

そしてレセプションへ。

ぴよこの日々つれづれ・・・-ラトゥーレット

30分ほど待たされて、建物への入り方、晩御飯のことなどなど。

そして部屋へ案内される。(一人一部屋です)

洗面所、つくりつけの棚(オリジナルではなさそう)、ベッド、机、椅子のみという簡素な部屋。
ぴよこの日々つれづれ・・・-ラトゥーレット

右の扉がベランダに行く扉。左は通風用の小窓。

到着がお昼過ぎで、晩御飯まですることがないので、見学可能な範囲で修道院内を見学。

眼下にはラブレセの町が見下ろせる。この場所の高度の高さを感じる。
ぴよこの日々つれづれ・・・-ラトゥーレット

天気が悪く・・・寒い・・・


ぴよこの日々つれづれ・・・-ラトゥーレット

勾配のある敷地に建っているので、地下なのか地上なのかわからない・・・

よく写真で見るアングル。こっちから見るとまぁまぁかっこいい。

ぴよこの日々つれづれ・・・-ラトゥーレット

基礎?はユーモラスです。。。が、細い!!こんなんで持つんか!?

日本やったらアカンやろうなぁ。

ぴよこの日々つれづれ・・・-ラトゥーレット

チャペルです。天気が悪いこともあって、それほど明るくはないが、厳かな雰囲気はする。

ぴよこの日々つれづれ・・・-ラトゥーレット

中庭を眺める。。。

ぴよこの日々つれづれ・・・-ラトゥーレット

プランはル・トロネに似てる気がする。。。

ところどころル・トロネを参考にしたのであろうなと感じる場所はいくつかある。

食堂の前のホール。個人的にはここの空間が好きだった。

ぴよこの日々つれづれ・・・-ラトゥーレット

食堂。

この日は修道士さん2人と、宿泊の我々、静岡から来たという建築学生、アメリカ人の建築学生、フランス人のおばさんという面々で食事でした。

ぴよこの日々つれづれ・・・-ラトゥーレット

広いけど、人数が少ないので結構わびしい^^;

食事は美味しくいただきました。

ぴよこの日々つれづれ・・・-ラトゥーレット

ワインもあります。

パン食べすぎたー(><)おいしいんだもん。

この後、デザートにチーズとケーキがあって、かなりおなかいっぱい。

朝ごはんはセルフサービスでした。

コンチネンタル。

以前改修したみたいだけど、それでも老朽化している感じは否めなかったです。

宿泊はメールで直接問い合わせをしたら大丈夫でした。

レセプションの方は英語がOKですが、時間になると帰ってしまうので、

あとは放置プレーでした(笑)

夏は暑いかもしれないが、冬〜春は相当寒いので、覚悟すべしです。

(オリジナルのままなのか、暖房はありますが、コンクリートは冷えます。)