読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piyokoworks

つくる、はたらく、うごく、たのしむ

読書&学び

ちまたで流行りの「一汁一菜」の本

食べることが好き、食べることが暮らしの基本であり中心の人たちの間で流行っている1冊「一汁一菜でよいという提案」 土井さんの生い立ちの話やご両親のことなどをはじめ、 食事のハレとケの話、 現在の日々の食事のお話、日常的に食べておられる食事写真な…

「尼ノ物書キ組」2期生に参加

友人が講師を務めるということでお誘いを受け参加することに 「尼」というぐらいなので「尼崎市」での活動 ここでは、ライター講座と写真講座の組み合わせで、 取材に行き、自分で写真を撮り、自分で文章を書き「あまがさき」を多くの人に知ってもらう活動を…

「和と暮らしを愉しむ」活動はじまる

短い付き合いながら濃厚なお付き合いをしているご年配の女性がいる 空堀で活動を続ける中で出会い 結婚式の着付けから何から何までトータルでお願いした方 地域に貢献したい! 着物文化を絶やしたくない! 空堀の良い雰囲気を活用したい! という強い思いを…

ちょっと変わった福袋

「福袋」よく昔はお得感に惹かれて買って、いまいち、、、ということがあり手をださずにいたもの 最近は中身が見えていたり、素敵な福袋も出て来ているようす とはいえ、1月1日が朝から買い物に出かけるチャンスがなさすぎて素敵な福袋を買うこともなく今に…

講演会かと思ったら・・・

近所で団地のトークがあるということで、近くなので行ってみた 会場に到着して、ふと見ると座席配置からしてこれは・・・ あぁワークショップ・・・ 講演会行ったら話し合いもさせられた市民の1人になってしまったわ(笑) 全8回のワークショップを開催さ…

本「5歳だって女」コミックエッセイ

アメブロ時代から読んでいたブログ 「ぷにんぷ妊婦ー育児編ー」の前川さなえさんのコミックエッセイ。「5歳だって女」 娘のはるちゃんが主役です 中身はこんなかんじです。前川さなえさんには、娘さんの他、息子(お兄ちゃん)のいっくんもおられるので、余…

超・美術館革命ー金沢21世紀美術館の挑戦

久々に読書−といってもちょっと以前の本ですが超・美術館革命―金沢21世紀美術館の挑戦 (角川oneテーマ21)/角川書店金沢にある「金沢21世紀美術館」の初代館長である蓑豊さんの著書です。蓑さんは大阪市立美術館の館長ののち、金沢21世紀美術館の館長となられ…

スター・ウォーズ フォースの覚醒

ブログネタ:スターウォーズって見たことある? 参加中流行りの映画見てきました( ´∀`)スター・ウォーズの過去シリーズ、実はあまり真面目に見てなくて、だいたいのストーリーを知ってるぐらい、、、(^_^;)見てなくても楽しめますが、事前にエピソード4〜6を…

アクセスバーズ

脳デトックス(アクセスバーズ)の勉強会に参加しました。座学と実習を1日かけて行い、プロテクショナーの資格をとりました。頭の電磁を通してスッキリさせるプログラムです。マッサージのような効果もあり。言葉では説明が難しいけど、、、講師は仲良くさせ…

奇跡のごはん

知り合いの方から「ぜひ読んで」と頂きました古本だから、、、と。料理研究家の宮成なみさんの「奇跡のごはん」奇跡のごはん/東洋経済新報社この本でお名前を知りましたが、福岡を中心に活動されている方なんですね。レシピ集は出されているみたいですが、エ…

GS近松商店(新歌舞伎座)

観月ありさ主演のGS近松商店の上演を見てきました近松門左衛門の『曾根崎心中』と『女殺油地獄』をモチーフにしたお芝居です。※画像は新歌舞伎座HPからスクリーンショットしたものです(そのための脚本なので当たり前なのですが)これは映画でもドラマでもな…

古本屋さん。

四天王寺から東高津町に引っ越された古本屋さんようやくいけました お兄さんがお一人でされていますガラス越しからもたくさんの本が並んでいるのが見えます。玉造、鶴橋、上本町エリアって古本屋さんがなかったからご近所さんは助かるだろーなーと思いますゆ…

本「江戸のおトイレ」

某トイレメーカーにお勤めだったお知り合いの方が「トイレ」にまつわる簡単なトークイベントをしてくれたときに、気になって借してもらった本です。トイレってもちろん・・・TOTO CES9433#NW1 ホワイト 床排水芯200mm ウォシュレット一体形便器 GG... 現代で…

映画「阪急電車」

ゆったりした邦画が好きです(笑)以前小説も読んでいた「阪急電車」映画版をみました。もう、すでにDVD化! そして、映画にはならなかった「ふたり」も実はもともとドラマだったんですねぇ。。。 原作とちょっと観点が違うのも面白いところですね^^しかし…

映画「暗殺教室」

映画「暗殺教室」見ました―(今更、、、)実は、タイトルとか予告から怖い系かと思ってたので、全然興味もなく見てなかったんですが 原作漫画をサラッと読んでみて、大丈夫そうだなーと思って、観ました(笑) ストーリーは、 スクールコメディっぽい感じの…

コーヒーとカカオの木

鶴見緑地にある咲くやこの花館の特別展「カカオとコーヒーのおいしい関係」を見に行きました。どのへんが特別展なの?と思いつつ・・・ いざ、入館!!咲くやこの花館は、大温室の植物園。日本最大級の温室だそうで、様々な部屋ごとに様々な植物が育成されて…

小学生の時に読んでいたらとっても怖かったとおもう

幻想的な女の子の影が印象的な表紙のこの本、 「13ヶ月と13週と13日と満月の夜」 ぽっちゃりした赤毛のアンの風貌のような女の子「カーリー」が主人公のお話。 (日本でいうところの小学校6年生ぐらい) 「女きょうだい」「おばあちゃん」「親友」に…

本「週末、森で」

「すーちゃん」シリーズでおなじみの益田ミリさんの「週末、森で」をここ最近繰り返し読んでいます。週末、森で (幻冬舎文庫)/幻冬舎 ¥535 Amazon.co.jp もちろんマンガだから読みやすいってのもあるけれど(;´▽`A``登場人物は、 都会育ちだけど思い立って…

めづめづ

「めづめづ 和文化研究所 京都」めづめづ和文化研究所 京都/情報センター出版局¥1,080Amazon.co.jp小栗左多里さんの絵が好きで読むのですが、ダーリンは外国人シリーズも面白いけど写真ではないけれど、リアルな絵で描かれた旅行シリーズや体験シリーズが好…

出汁の本。

空堀のまちで一冊の本が出ました。商店街にある昆布専門店「こんぶ土居」さんの本 昆布の紹介、お店の紹介、レシピ集という豪華な本。写真、装丁、イラスト、文章・・・素敵な本です まち周辺のお店がちらほら見えます。どうも、錚々たるメンバーがこの本に…

本「建築を作る者の心」

大阪歴史博物館の村野藤吾展で買った本を読み終わりました。知り合いの建築家の方が、学生が設計したい!!と言うと必ず 「建築を作る者の心」を進めるそうです。村野藤吾が亡くなって30年、この本の内容である「なにわ塾」が開催されたのがそれよりも以前。…

最近読んだ本

面白そうな本情報はスタンダートブックストアなどで情報収集し、 ブックオフやアマゾンをしばしば利用しております。 小説はすぐ読んでしまうから図書館も利用したいところ・・・ 今更感満載の本ばかりですが^^;そういうふうにできている (新潮文庫)/新潮…

かぐや姫の物語

話題の「かぐや姫の物語」行ってきました。ストーリーの基本は古典でご存知「竹取物語」です なので、物語をだいたい知っている人にとっては比較的安心して見れるかもしれません季節の移り変わり、キャラクターの動き、、、細かい演出が上手い。そして、 と…

KANSAI大学博物館ガイド

読書っていう本ではないけど。。。「KANSAI大学博物館ガイド」読みました。 これの関東版がずっと前に出たときに、興味はあったけど、 関東だけなのかと思い読まなかったのだけど、先日、関西版を発見して、読みました。意外な大学に意外なモノがある!そう…

本「住み開き」

「住み開き:家からはじめるコミュニティ」を読みましたー 何度かお会いさせてもらっているアサダワタルさんの著書ということで楽しみにしていました アサダさんは知り合いがめちゃくちゃ多いのに、1度会って話した人の顔と名前をちゃんと覚えてはって ほん…